ヘルプセンター
background
従業員リスト・従業員情報

マスターデータの管理とは

対象:
労務管理プラン(旧スモールプラン)人事・労務エッセンシャルプラン(旧スタンダードプラン)プロフェッショナルプラン¥0プラン人材マネジメントプランHRストラテジープラン

マスターデータとは、SmartHRの従業員情報で利用するデータのことです。

画面右上の[アカウント名▼]をクリックして開くメニューから[共通設定]を選び、画面左のリストにある[マスターデータ]をクリックすると、[マスターデータ]画面が表示されます。

マスターデータには、システム標準マスターとカスタムマスターがあります。

システム標準マスター

システム標準マスターとは、SmartHRにあらかじめ登録されている雇用形態、給与支給形態、部署、役職、続柄のデータです。

システム標準マスターは削除できません。

詳しい操作手順については、下記ヘルプページを参照してください。

カスタムマスター

カスタムマスターとは、必要に応じてSmartHRに登録できるマスターデータです。

人事・労務エッセンシャルプラン以上をご契約の場合に利用できます。

たとえば、学歴区分や資格情報など、SmartHR以外のシステムで管理していたデータをSmartHRにカスタムマスターとして登録して管理できます。

詳しい操作手順については、カスタムマスター(β版)を管理するを参照してください。

SmartHR以外のシステムで管理していたデータをSmartHRにカスタムマスターとして登録する流れの概念図画像を表示する

カスタム従業員項目との違いと使い分け

カスタムマスターを登録しても、カスタム従業員項目には自動で反映されません。今後、開発を検討していきます。

カスタムマスターの内容をカスタム従業員項目として管理したい場合は、カスタム従業員項目として別途追加する必要があります。

SmartHRの従業員情報として管理する場合は、カスタム従業員項目

SmartHRにあらかじめ用意されているシステム標準項目になく、従業員情報として管理したい任意の項目がある場合は、カスタム従業員項目を使います。

詳しくは、カスタム従業員項目を追加するを参照してください。

外部システムと連携したい場合は、カスタムマスター

SmartHR以外のシステムと連携したい場合に、カスタムマスターを使います。

カスタムマスターを登録しておくと、SmartHRのデータを外部システムに入力しやすいコードに変換した形式で出力できるようになります。

たとえば、SmartHRのデータを外部システムに取り込む際に「男性」を「1」、「女性」を「2」に置き換える必要があったとします。

この際、「男性」を「1」、「女性」を「2」に置き換えることを定義した「性別マスター」をカスタムマスターとしてあらかじめ登録しておくと、SmartHRのカスタムダウンロードフォーマットで従業員情報をダウンロードしたときに「男性」が「1」、「女性」が「2」に置き換えられます。

「男性」を「1」、「女性」を「2」に置き換えることを定義した「性別マスター」をカスタムマスターとして登録し、カスタムダウンロードフォーマットで従業員情報をダウンロードしたときに「男性」が「1」、「女性」が「2」に置き換えられているイメージ図画像を表示する