ヘルプセンター
background
組織図・名簿

カスタム社員名簿からの「移行データ」を公開する

対象読者:
管理者・担当者向け
対象プラン:
人事・労務エッセンシャルプロフェッショナルタレントマネジメントHRストラテジー

カスタム社員名簿から自動移行されたデータを組織図・名簿機能で公開する手順を説明します。

移行データとは

「移行データ」とは、2024年4月8日にカスタム社員名簿機能が廃止されるにあたり、カスタム社員名簿のデータをもとに、組織図機能に自動的に作成されたデータです。

移行データを閲覧・操作できるのはSmartHR基本機能の「管理者」権限を持つアカウントに限ります。

移行データの共有範囲を設定する

1. [公開前]の移行データの組織図・名簿名を押す

[組織図・名簿]メニュー[移行データ]を押すと、移行データ画面が表示されます。

移行データ画面画像を表示する

[公開前]タブの一覧から、共有範囲を確認もしくは変更したい移行データの組織図・名簿名を押すと、従業員名簿画面が表示されます。

2. 従業員名簿画面の [共有・ダウンロード設定] を押す

組織図・名簿名の右にある [組織図・名簿操作] を押して、ドロップダウンリストから [共有・ダウンロード設定] を押すと、共有・ダウンロード設定画面が表示されます。

3. 組織図・名簿の共有範囲を設定し、[保存]を押す

移行データの共有範囲を設定します。 共有範囲の指定方法は、以下の6通りです。複数の方法を組み合わせて、さまざまな条件に合わせて組織図・名簿を共有できます。

  1. 機能管理者
  2. すべての従業員
  3. 組織図に掲載されている従業員
  4. 共有する従業員を指定する
  5. 共有する部署を指定する
  6. 共有するアカウントを指定する

共有範囲の設定方法は、組織図・名簿の共有範囲を設定するを参照してください。 共有範囲の設定後、画面下の[保存]を押すと設定が反映され、従業員名簿画面に切り替わります。

複数の移行データの共有範囲をまとめて設定する

移行データの共有範囲の設定がまったく同じ場合は、複数の移行データに対して、共有範囲を一括設定できます。

1. 共有範囲を設定する移行データにチェックを入れる

移行データ画面[公開前]タブの一覧から、共有範囲を変更したい移行データにチェックを入れます。

2. [共有範囲を一括設定] を押す

移行データ一覧の上部にある [共有範囲の一括設定] を押すと、共有範囲の一括設定画面が表示されます。

3. 共有範囲を設定し、[確認する] > [設定する]を押して共有設定を反映する

移行データの共有範囲を設定し、[確認する] > [設定する]を押すと、移行データ画面に切り替わります。

移行データ一覧の[共有範囲]を確認してください。

移行データを公開する

1. 公開する移行データの[公開]を押す

[公開前]タブの一覧から、公開したい移行データの組織図・名簿名の右端にある[公開]を押すと、名簿の公開画面が表示されます。

2. 名簿の公開画面で [公開する] を押す

名簿の公開画面で[公開する] を押すと移行データが公開され、移行データ画面の[公開前]タブが表示されます。 公開した移行データは、移行データ一覧の[公開済み]タブに追加されます。

移行データ一覧の公開済みタブ画像を表示する

複数の移行データをまとめて公開する

1. 公開する移行データにチェックを入れる

移行データ画面[公開前]タブの一覧から、公開したい移行データにチェックを入れます。

2. [一括公開] を押す

移行データ一覧の上部にある [一括公開] を押すと、名簿の一括公開画面が表示されます。

3. 名簿の一括公開画面で、[公開する]を押す

名簿の一括公開画面で公開対象の名簿を確認し、[公開する]を押すと、移行データが公開され、移行データ画面の[公開前]タブが表示されます。 公開した移行データは、移行データ一覧の[公開済み]タブに追加されます。