ヘルプセンター
background
年末調整

年末調整の結果を、家族情報一括更新用CSVでSmartHRに取り込む際の注意事項

対象:
労務管理プラン(旧スモールプラン)人事・労務エッセンシャルプラン(旧スタンダードプラン)プロフェッショナルプラン¥0プランHRストラテジープラン

家族情報一括更新用CSVの出力内容および、年末調整終了後に家族情報一括更新用CSVを使ってSmartHRに情報を取り込む際の注意事項を説明します。

仕様

  • 家族情報一括更新用CSVファイルには、年末調整の依頼ステータスが[確定]の依頼の家族情報のみを表示します。
  • 年末調整のアンケートで配偶者および家族情報を追加した場合、「社会保険の扶養状況」には一律で扶養対象不明「99」を出力します。年末調整のアンケートには「社会保険の扶養状況」を確認する設問がなく、扶養対象かどうかの判別ができないためです。

CSVファイルへの出力内容は以下のとおりです。

分類CSVの項目名出力内容
社会保険の扶養状況配偶者 社会保険の扶養状況
家族1 社会保険の扶養状況
依頼グループ作成時点でSmartHRに登録されている配偶者および家族の「社会保険の扶養状況」を出力します。
- 扶養対象外:「0」を出力
- 扶養対象:「1」を出力
- 扶養対象不明:「99」を出力
【注意】依頼グループ作成後にSmartHRに登録している家族情報を更新しても、その内容は反映されません。
■年末調整のアンケートで配偶者および家族を追加した場合
一律で扶養対象不明「99」を出力します。
※年末調整のアンケートには「社会保険の扶養状況」を確認する設問がなく、扶養対象かどうかの判別ができないためです。
税法上の扶養条件配偶者 税法上の扶養状況
家族1 税法上の扶養状況
年末調整で収集した「税法上の扶養状況」を出力します。
- 扶養対象外または本人所得が1,000万円超の場合:「0」を出力
- 扶養対象(配偶者の場合は、配偶者所得金額95万円以下かつ本人所得900万円まで、家族1の場合は所得金額48万円まで):「1」を出力
- 配偶者特別控除の対象(配偶者所得金額95万円以下かつ本人所得900万円超から1,000万円、配偶者所得金額95万円超から133万円かつ本人所得1,000万円以下):「2」を出力
- 扶養状況不明:「99」を出力
扶養状況が「0」の場合、「税法上の年間所得見積額(単位: 円)」項目が自動で出力されます。
- 扶養対象外となる人が配偶者の場合:「税法上の年間所得見積額(単位: 円)」は空欄です
- 扶養対象外となる人が配偶者以外の家族の場合:「税法上の年間所得見積額(単位: 円)」に「0」が入ります

注意事項

  • 年末調整の依頼グループ作成後にSmartHRに登録されている配偶者および家族の「社会保険の扶養状況」を更新しても、更新した情報は家族情報一括更新用CSVファイル「社会保険の扶養状況」の項目には出力しません。
  • 年末調整終了後に家族情報一括更新用CSVをダウンロードしてSmartHRに取り込む場合、CSVファイルの内容で上書きするため、「SmartHRに登録している家族情報」と「CSV」のどちらが最新情報なのかを確認してください。
    • SmartHRに登録している家族情報が最新の場合は、お手数ですがCSVファイルをダウンロード後、内容を最新情報に更新してから取り込んでください。
  • SmartHRにCSVファイルを取り込む前に[依頼グループ][依頼ステータス]列を削除してください。年末調整機能からダウンロードしたままのCSVファイルを取り込むと「インポートに失敗しました。ヘッダの形式に誤りがないかご確認ください。」というエラーが発生します。
  • 2022年10月17日現在、「家族n 留学生」という項目が含まれていると、CSVファイルを取り込む際に「インポートに失敗しました。ヘッダの形式に誤りがないかご確認ください。」というエラーが発生します。

SmartHRへ家族情報を一括登録する手順は、下記のヘルプページをご覧ください。