ヘルプセンター
background
年末調整

Q. 年末調整中に社員番号を変更したい/変更してしまったら?

対象:
労務管理プラン人事・労務エッセンシャルプランプロフェッショナルプラン¥0プランHRストラテジープラン

A. 社員番号の変更はおすすめしません。変更した場合は、下記の対応をしてください

従業員の社員番号は、各種情報と従業員を紐づけるためのキーとなる情報であるため、年末調整中に社員番号を変更することはおすすめしません。

万が一変更してしまった場合や変更したい場合は、下記の対応をしてください。

社員番号を変更した場合の対応

ステータスを[未依頼]に変更し、[対象従業員設定]で該当の従業員を削除します。その後、改めて同期・依頼・回答をすることにより、変更後の社員番号で年末調整管理が可能です。

上記の対応が難しい場合は、「社員番号を変更すると起こること」を確認したうえで、必要な対応をしてください。

社員番号を変更すると起こること

変更前の社員番号が出力される箇所

下記において、変更前の社員番号が出力されます。

  • 各種一覧の社員番号
  • 作成される申告書の右上に出力される社員番号
  • 各種ダウンロードデータに出力される社員番号
  • 各種ダウンロードデータのファイル名に出力される社員番号

従業員および家族のマイナンバー情報の同期

従業員および家族のマイナンバー情報は、社員番号をキーにして同期しているため同期できません。 マイナンバーの記載が必要な場合は、書類を印刷して手書きで記載する必要があります。

変更前の社員番号が他の従業員に割り振られていた場合

来年の年末調整をはじめるとき、新たに同じ社員番号を割り振った従業員に、社員番号の元の持ち主の年末調整の情報が引き継がれます。

昨年の依頼が「確定」されている従業員に関して情報を引き継ぐため、一時的に対象の従業員の「確定」を外すことで、意図しない情報の引き継ぎを防げます。

マネーフォワード クラウド年末調整との連携

社員番号をキーにして連携するため、マネーフォワード クラウド年末調整側も新しい社員番号になっている場合、連携できません。 マネーフォワード クラウド年末調整に、直接情報を登録する必要があります。