ヘルプセンター
background
申請

承認者を部署と役職で指定する

対象:
人事・労務エッセンシャルプランプロフェッショナルプランタレントマネジメントプランHRストラテジープラン

申請機能における承認者の指定方法の1つ、[部署・役職で指定]の設定方法を説明します。

1. 承認者の指定方法として[部署・役職で指定]を選択

経路作成画面で[+ステップ追加]を押すと、承認ステップの設定画面が表示されます。

承認者の指定方法として[部署・役職で指定]を選択します。

[部署・役職で指定]を選択すると、承認者の部署・役職や必要な承認数の設定項目が表示されます。

2. 承認者の部署を選択

承認者の部署の指定方法を選択します。

いずれの指定方法でも、承認者として申請を承認するには、従業員情報に部署が登録されていて、アカウントに申請の承認権限があることが必要です。

申請機能の権限を設定する 従業員の部署情報を登録する

画像を表示する

[申請者の所属部署と同じ]とは

申請者の所属部署を基準に、承認者の部署を指定します。[申請者の所属部署と同じ]を選択すると、申請者の所属部署に応じて承認者が変わります。

申請者と同じ部署や、その上位部署に所属する従業員を承認者にしたいときに利用します。

[部署を指定]とは

特定の部署を承認者の部署として指定します。[部署を指定]を選択すると、特定の部署に所属する申請の承認権限を持つアカウントが承認者になります。

人事部や総務部など、定形の承認業務が発生する部署を承認者にしたいときに利用します。

ドロップダウンリストに表示される部署は、承認権限を持つアカウントがいる部署のみです。

申請者が複数の部署を兼任している場合

部署1に登録されている部署情報をもとに承認者が決まります。

部署1に登録されている所属部署の方が承認者となり、兼務している部署2・3に所属している方は承認できません。

画像を表示する

承認者が複数の部署を兼任している場合

従業員情報に登録されている部署1〜3すべてで承認者となります。

例えば、[部署を指定]で「営業本部」を選択した場合は、部署1〜3のいずれかに「営業本部」が登録されている従業員が承認者となります。

ただし、役職で絞り込む場合は部署1のみで承認者となり、兼務先の部署2・3の申請は承認できません。

3. 承認者の部署の範囲を選択

承認者の部署の範囲を[指定した部署のみ]と、[指定した部署以上の部署]から選択します。

承認者の部署の上位部署に所属する承認者を含めたい場合は、[指定した部署以上の部署]を選択します。

画像を表示する

4. 任意:[役職で絞り込む]を選択

指定した部署の、特定の役職の従業員だけを承認者としたい場合は、[役職で絞り込む]にチェックを入れ、ドロップダウンリストから役職を選択します。

例:申請者と同じ部署やその上位部署のマネージャーだけを承認者にしたいとき

画像を表示する

5. 必要な承認数を設定する

ステップを完了するために必要な承認数を設定します。

画像を表示する

6. 任意:ステップの説明を入力する

承認ステップの説明文を記入します。