ヘルプセンター
background
スキル管理

研修マスターをまとめて追加する

対象:
人事・労務エッセンシャルプランプロフェッショナルプランタレントマネジメントプランHRストラテジープラン

CSVファイルを使って、研修のマスターデータをまとめて追加する手順を説明します。

研修マスターの概要や、1つずつ追加する方法については、研修のマスターデータを設定するを参照してください。

1. [スキル管理]メニューの[設定]を押す

スキル管理機能に移動し、 画面上部[スキル管理]メニューの[設定]を押すと、設定画面が表示されます。

2. 画面左側の[マスターデータ設定]にある[研修]を押す

設定画面で、画面左側の[マスターデータ設定]にある[研修]を押すと、[研修のマスターデータ設定]画面が表示されます。

3.[研修マスター]の右上の[研修を一括追加]を押す

[研修マスター]の右上の[研修を一括追加]を押すと、[研修の一括追加]画面が表示されます。

4. 研修の一括追加用CSVファイルをダウンロード

研修の一括追加画面で、[ダウンロード]を押すと、一括追加用のCSVファイルがダウンロードされます。

5.CSVファイルにマスターデータを入力

CSVファイルをMicrosoft Excelなどで編集します。1行ごとに研修名、研修コード、有効期限の登録の要不要、証明書の写しの添付の要不要を入力すると、研修ごとの設定ができます。

各列には、以下の値を入力します。

[コード]列:研修コード

研修同士を区別するための文字列です。また、同じ階層に同じ名前は追加できません。

半角記号の/ \ . , ' " [ ]@を除いた、好きな文字列(全角、半角問わず)を使用できます。

未入力の場合、アプリケーション側で自動的に追加します。

[階層]列:研修名

研修名は100文字以内で設定します。

半角記号の/ \ . , ' " [ ]を除いた、好きな文字列(全角、半角問わず)を使用できます。

[有効期限]列:必要/不要

研修の有効期限の登録が「必要」か「不要」かを入力してください。

有効期限を「必要」にすると、従業員情報への研修の登録時に有効期限を入力できます。

[証明書の写し]列:必要/不要

研修を証明する書類のファイルの添付が「必要」か「不要」かを入力してください。

証明書の写しを「必要」にすると、従業員情報への研修の登録時に証明書の写しとして、ファイルをアップロードできます。

階層構造を持つ研修をまとめて追加するCSVファイルの作り方

研修の階層は、上位から、階層1、階層2、階層3…の順です。 階層1にデータが追加されていないと、階層2に研修を追加できません。同様に、階層3に研修を追加したい場合には、階層1、階層2にデータを追加する必要があります。

画像を表示する

なお、階層はあとから変更できません。

6. [ファイルを選択]からCSVファイルを選択し、[取り込み]を押す

研修マスターの一括追加画面で、マスターデータを入力済みのCSVファイルを選択して[取り込み]を押すと、研修マスターの一括追加を受け付けます。

一括追加はバックグラウンド処理で実行されます。追加が終わると、[研修マスター一覧]に表示されます。

画像を表示する