ヘルプセンター
background
年末調整

Q. 今年亡くなった配偶者・扶養親族の情報を年末調整機能に反映させるには?

対象:
労務管理プラン(旧スモールプラン)人事・労務エッセンシャルプラン(旧スタンダードプラン)プロフェッショナルプラン¥0プランHRストラテジープラン

A. SmartHRの従業員情報として[家族情報]の[税法上の扶養状況]に以下3つの情報がすべて登録されている必要があります

  • [扶養状況]が「扶養しない」
  • [税法上の被扶養者でなくなった日]が「当年の日付」
  • [税法上の扶養から削除された理由]が「死亡」
画像を表示する

なお、すでに年末調整機能に従業員情報を取り込み、依頼グループを作成している場合は、「あとから年末調整機能に情報を反映させる方法」の内容を参考に、年末調整機能に従業員情報を取り込み直してください。

年末調整機能での今年亡くなった配偶者・扶養親族情報の表示

今年亡くなった配偶者・扶養親族の情報は、年末調整機能の画面や書類では下図のとおり表示します。

年末調整の収集情報画面

例:今年亡くなった配偶者の場合、収集情報画面上部に"今年税扶養から削除され、削除理由が「死亡」の配偶者を表示しています。"というメッセージが表示されます。

画像を表示する

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

例:今年亡くなった配偶者の場合、[A:源泉控除対象配偶者欄]に、異動月日及び事由を添えて表示します。

画像を表示する

年末調整のアンケート画面(従業員から見える内容)

例:今年亡くなった配偶者の場合、配偶者の情報を入力する画面上部に"今年税扶養から削除され、削除理由が「死亡」の配偶者を表示しています。"というメッセージが表示されます。

画像を表示する

あとから年末調整機能に情報を反映させる方法

すでに年末調整機能に従業員情報を取り込んでいる状態でSmartHRの[家族情報]を更新しても、年末調整機能の情報は更新されません。

情報を反映させるには、年末調整機能の収集情報に直接入力する方法と、SmartHRの[家族情報]を更新後、年末調整機能から従業員情報を一度削除し、あらためて追加する方法があります。

状況に応じて、いずれかの方法で対処してください。

収集情報を直接編集する

収集情報画面で以下に沿って情報を入力し、[保存]をクリックしてください。

■配偶者の場合

  • 収集情報画面で[配偶者情報]のタブをクリックして、画面表示を切り替える
  • [配偶者の有無][配偶者はいる]を選択
  • [配偶者を扶養対象とする年][今年扶養する]を選択
  • [税法上の扶養になった日]に「死亡した日付」を入力
  • [税法上の扶養になった理由]に「死亡」を入力

■扶養親族の場合

  • 収集情報画面で[扶養家族情報]のタブをクリックして、画面表示を切り替える
  • [扶養家族nの扶養対象][今年扶養する]を選択
  • [税法上の扶養になった日]に「死亡した日付」を入力
  • [税法上の扶養になった理由]に「死亡」を入力

従業員情報を年末調整機能から削除し、再度、追加する

以下のヘルプページを参照して、従業員を削除・追加してください。

年末調整の依頼一覧から従業員を削除する