ヘルプセンター
background
年末調整

年末調整に必要な従業員情報を整備する

対象:
労務管理プラン(旧スモールプラン)人事・労務エッセンシャルプラン(旧スタンダードプラン)プロフェッショナルプラン¥0プランHRストラテジープラン

従業員に年末調整の依頼をするには、従業員情報やアカウントの整備が必要です。

また、前年の年末調整機能で収集した情報を今年の年末調整機能に引き継ぐ場合は、前年の年末調整の依頼ステータスを「確定」にしていることが条件です。

年末調整の設定をはじめる前に、以下のポイントを確認してください。

1. 必要な従業員情報が揃っているか確認する

従業員に年末調整の依頼をするには、社員番号や住所などの情報が揃っている必要があります。

また、雇用形態や在籍状況にも条件があります。

必要な情報が不足している従業員や、退職済みの従業員には入力依頼はできません。

必要な従業員情報と条件

  • 社員番号
  • 姓名
  • 姓名のヨミガナ
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 在籍状況が「在職中」「休職中」 ※[退職年月日]に過去の日付が入力されている場合は依頼対象として取り込まれません
  • 雇用形態が「派遣社員」「業務委託」以外 ※雇用形態が「未設定(空欄)」の場合は依頼対象として取り込みます

2. SmartHRにログインできるアカウントが紐づけられているか確認する

[共通設定]>[メールアドレスアカウント]または[社員番号アカウント]に名前がある従業員が、依頼の対象です。 アカウントが紐づけられていない従業員がいる場合は、従業員を招待してください。

3.(前年から年末調整機能を利用している場合)前年の依頼ステータスが「確定」になっているか確認する

前年の依頼ステータスが「確定」になっていないと、収集した保険情報、住宅ローン控除情報が今年の年末調整機能に引き継がれません。

前年の年末調整の依頼ステータスが「確定」になっているかを確認してください。

依頼ステータスを変更する手順は、以下のヘルプページを参照してください。

次の工程に進む

引き続き年末調整の設定を進める場合は、以下のヘルプページを参照してください。