ヘルプセンター
background
従業員サーベイ

Q. 「匿名で扱う」サーベイとは?

対象:
プロフェッショナルプラン有料オプション人材マネジメントプランHRストラテジープラン

A. 個人を特定できないようにするため、結果の閲覧や分析、回答CSVの書き出しなどに制限があるサーベイです

「匿名で扱う」サーベイでは、回答と回答者の社員番号・氏名やメールアドレスなど、個人を特定する情報を取得することなく、サーベイを実施できます。

個人の特定を防ぐために、対象の従業員が3名以下となる場合に回答の閲覧や分析の作成などが制限されます。

匿名で扱うための設定方法は、回答の取り扱い方法(匿名かどうか)を設定するを参照してください。

通常のサーベイと「匿名で扱う」サーベイの違い

通常のサーベイと、「匿名で扱う」サーベイの違いは下記のとおりです。

  • 通常のサーベイでは、回答結果をSmartHRに登録されている従業員情報と紐づけられます。回答者個人・部署・雇用形態など、複数の情報を組み合わせて分析したい場合は、匿名として扱わないことをおすすめします。
  • 「匿名で扱う」サーベイでは、回答者の社員番号・氏名やメールアドレスなど、個人を特定する情報を取得しません。部署と雇用形態のみを取得します。
操作通常のサーベイ「匿名で扱う」サーベイ
結果の閲覧
  • 回答者が3名以下でも閲覧できる
  • 部署や雇用形態で回答を絞り込める
  • 回答者が4名以上の場合に閲覧できる
  • 部署や雇用形態で回答を絞り込めない
クロス集計
回答CSVの書き出し
  • すべての従業員項目をクロス集計、回答CSVに含められる
  • すべてのデータが対象
  • 従業員項目のうち、[部署]と[雇用形態]のみをクロス集計、回答CSVに含められる
  • 該当する従業員が3名以下になるデータは、対象から除外される

「匿名で扱う」サーベイの制限の例

「匿名で扱う」サーベイの各画面での制限の例を示します。

結果の例

部署][雇用形態]での絞り込みができず、回答が4名分以上集まらないと結果が閲覧できません。

クロス集計の例

従業員項目のうち、[部署][雇用形態]のみを分析の対象に選択できます。

該当する従業員が3名以下になるデータは、クロス集計から除外されます。

クロス集計の画面では、除外されたデータの区分と人数が表示されます。

回答CSVの書き出しの例

従業員項目のうち、[部署]と[雇用形態]のみを出力の対象に選択できます。

該当する従業員が3名以下になるデータは出力対象から除外されます。

[バックグラウンド処理]画面で[除外された条件の確認]を押すと、除外されたデータの区分と人数が表示されます。