ヘルプセンター
background
年末調整

【一覧】住宅借入金控除情報CSV凡例

対象:
労務管理プラン(旧スモールプラン)人事・労務エッセンシャルプラン(旧スタンダードプラン)プロフェッショナルプラン¥0プランHRストラテジープラン

SmartHRの年末調整機能からダウンロードできる収集情報のうち、「住宅借入金控除情報」のCSVファイルについて記載の項目名とその内容を説明します。

住宅借入金控除情報のCSVファイルでは、年末調整のアンケートに入力された住宅借入金控除情報を一覧で確認できます。

年末調整機能上の書類の様式の表記について

住宅ローン控除申告書には2通りの様式があります。SmartHRの年末調整機能では、申告書の上半分に記載の書類名をもとに、それぞれの様式を「新様式」「旧様式」と区別して表記しています。

  • 給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書

「旧様式」と表記しています。

  • 給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書 兼(特定増改築等)住宅借入金等特別控除計算明細書

2020年から新たに採用された書類の様式です。従来の様式と比較して「新様式」と表記しています。

CSV凡例

項目名説明/該当の設問備考
依頼グループ依頼グループ名依頼グループ1 
依頼ステータス年末調整の依頼ステータス未依頼依頼ステータス:未依頼、依頼中、入力中、回答済み、修正依頼中、再回答、確定、回答期限切れ
対象外理由年末調整の対象外/対象外候補と判定した理由源泉対象外候補対象外/対象外候補理由:対象外(紙による提出)、対象外(乙欄)、対象外(退職)、対象外(給与支給なし)、対象外(源泉)、対象外(収入)、乙欄対象外候補、退職対象外候補、源泉対象外候補
社員番号従業員の社員番号1 
従業員の姓須磨 
従業員の名太郎 
姓(ヨミガナ)従業員の姓ヨミガナスマ 
名(ヨミガナ)従業員の名ヨミガナタロウ 
生年月日従業員の生年月日1990/01/01 
住宅借入金等特別控除申告フラグ住宅ローンの有無1表示:0(住宅ローンがない場合)、1(住宅ローンがある場合)
年末調整のアンケートで「住宅ローン控除の申告をする」を選択した場合、1(住宅ローンがある)を表示します。
住宅借入金等特別控除申告書作成の有無フラグ住宅借入金等特別控除申告書作成の有無1表示:0(申告書を作らなかった)、1(申告書を作った)
住宅借入金等特別控除申告フラグが「住宅ローンがある」の場合でも、アンケートの回答で住宅ローン控除申告書作成の「対象外に該当する」もしくは「イ欄とチ欄」を選択すると「0(申告書を作らなかった)」を表示します。
住宅借入金等特別控除申告書の種類住宅借入金等特別控除の種類1表示:1(住宅借入金等特別控除申告書)、2(住宅借入金等特別控除申告書 兼 住宅借入金等特別控除計算明細書)
居住開始年月日同左
旧様式:設問214
新様式:設問244
2017/04/01 
特定取得区分同左
旧様式:設問216
新様式:設問246
1表示:0(対象外)、1(特定取得)、2(特別特定取得)
控除額適用区分同左
設問218または設問247(新旧共通)
設問218または設問247の回答内容により以下の値を表示
■住の表示条件
・「印字なし」「居住用(イ欄)」を選択
・「居住用(チ欄)」で「ル欄」が空欄もしくは0を入力
・「居住者・特例用」を選択
■増の表示条件
・「居住者・特定増改築等住宅借入金等特別控除用」を選択
・「居住用(チ欄)」で、「ル欄」に1以上の数値を入力
■認の表示条件
・「居住者・長期優良住宅用」を選択
・「居住者・認定住宅用」を選択
■震の表示条件
・「居住者・震災再取得等用」を選択
家屋の取得対価の額旧様式:設問219「申告書の家屋又は土地等の取得対価の額(ロ欄)」
新様式:設問248「家屋に関する事項-取得対価の額(ロ欄)」
25000000 
土地等の取得対価の額旧様式:設問219「申告書の家屋又は土地等の取得対価の額(ホ欄)」
新様式:設問248「土地等に関する事項-取得対価の額(ホ欄)」
20000000 
家屋の総床面積又は総面積旧様式:設問219「家屋又は土地等の総床面積又は総面積(ハ欄)」
新様式:空欄
80.00 
土地等の総床面積又は総面積旧様式:設問219「家屋又は土地等の総床面積又は総面積(へ欄)」
新様式:空欄
80.00 
家屋の居住用部分の床面積又は面積旧様式:設問219「ハ又はへのうち居住用部分の床面積又は面積(二欄)」
新様式:空欄
80.00 
土地等の居住用部分の床面積又は面積旧様式:設問219「ハ又はへのうち居住用部分の床面積又は面積(ト欄)」
新様式:空欄
80.00 
家屋の居住用割合旧様式:空欄
新様式:設問248「家屋に関する居住用割合(ハ欄)」で入力した内容をもとにA③に表示している居住用割合。90%以上の場合は100%で表示
  
土地等の居住用割合旧様式:空欄
新様式:設問248「土地等に関する居住用割合(へ欄)」で入力した内容をもとにB③に表示している居住用割合。90%以上の場合は100%で表示
  
住宅および土地等の居住用割合旧様式:空欄
新様式:家屋の居住割合と土地等の居住割合の値が同じ場合、同じ値が入る。90%以上の場合は100%と表示。結果%は、小数点以下第4位まで算出し、第4位は切り上げて表示
  
増改築等の費用の額旧様式:設問220「増改築等の費用の額(リ欄)」
新様式:設問249「増改築等に関する事項-増改築等の費用の額(リ欄)」
1000000 
リ欄のうち居住用部分の費用の額旧様式:設問220「リ欄のうち居住用部分の費用の額(ヌ欄)」
新様式:空欄
1000000 
増改築等の居住用割合旧様式:空欄
新様式:Q249「居住用割合(ル欄)」で入力した内容をもとにD③に表示している居住用割合。90%以上の場合は100%で表示
  
特定増改築等の費用の額旧様式:設問220「特定増改築等の費用の額(ル欄)」
新様式:設問249「特定増改築等の費用の額(ヌ欄)」
1000000 
(参考)適用初年分の住宅借入金等特別控除額旧様式:設問219または設問220「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額(ヲ欄)」
新様式:設問248または設問249「適用初年分の控除額」
300000 
家屋の連帯債務割合旧様式:空欄
新様式:設問248「家屋に関する連帯債務割合」(証明書の記載割合)
  
土地等の連帯債務割合旧様式:空欄
新様式:設問248「土地等に関する事項 - 連帯債務割合」(証明書の記載割合)
  
増改築等の連帯債務割合旧様式:空欄
新様式:Q249「連帯債務割合」(証明書の記載割合)
  
借換の有無借換があるかどうかを表示0表示:0(対象外)、1(対象)
借換直前の残高同左25555555 
借換後の借入時金額同左30000000 
借換後の年末残高同左27777777 
借換調整で適用される年末残高同左24443333 
連帯債務の有無連帯債務があるかどうかを表示0表示:0(対象外)、1(対象)
連帯債務者氏名同左須磨佳子 
連帯債務者住所同左東京都港区六本木1−1−1 
連帯債務者勤務先会社名同左株式会社スマート 
連帯債務者勤務先住所同左東京都港区六本木1−1−1 
借入金融機関情報-1 金融機関名同左スマート銀行※「借入金融機関情報」は最大2つまで表示します(以下同)
借入金融機関情報-1 年末残高同左25555555 
借入金融機関情報-1 負担すべき金額連帯債務の場合に、「本人負担額」に入れた額14444444 
借入金融機関情報-1 住宅借入金等の内訳同左3表示:1(住宅のみ)、2(土地のみ)、3(住宅および土地等)、4(増改築等における住宅借入金)
借入金等年末残高-住宅のみ旧様式:申請書の居住用部分の家屋又は土地等に係る借入金等の年末残高 A-5
新様式:A-4
22222222 
借入金等年末残高-土地のみ旧様式:申請書の居住用部分の家屋又は土地等に係る借入金等の年末残高 B-5
新様式:B-4
22222222 
借入金等年末残高-住宅および土地等旧様式:申請書の居住用部分の家屋又は土地等に係る借入金等の年末残高 C-5
新様式:C-4
22222222 
増改築等に係る借入金等の年末残高旧様式:申請書の居住用部分の増改築等に係る借入金等の年末残高 10
新様式:D-4
11111111 
計算の基礎となる年末残高旧様式:申請書の計算の基礎となる年末残高 11
新様式:⑤
22222222以下項目の金額を、「最高額に記載の額」を上限に表示します。
旧様式:⑪((特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算の基礎となる借入金等の年末残高)
新様式:⑤(住宅借入金等の年末残高等)
住宅借入金等特別控除額旧様式:申請書の住宅借入金等特別控除額 14
新様式:⑧
250000