ヘルプセンター
background
スキル管理

SmartHR基本機能の部署・従業員データをスキル管理機能に取り込む

対象:
人事・労務エッセンシャルプランプロフェッショナルプランタレントマネジメントプランHRストラテジープラン

スキル管理機能で使用する従業員データをSmartHR基本機能から取り込む、および最新状態にする方法を説明します。

スキル管理機能で使用するSmartHR基本機能のデータ

スキル管理で使用する部署・従業員データは、SmartHR基本機能に登録されているものを利用します。

SmartHR基本機能の側でデータ更新があった場合には、スキル管理機能で使用するデータを取り込み直す必要があります。

データを更新して、SmartHR基本機能と同じ状態にすることを「データを同期する」と言います。

データを同期すると、下記のデータが最新状態に更新されます。

  • スキルマップとスキル情報詳細画面に表示される従業員情報や所属部署
  • 経歴の登録画面で入力候補として表示される部署、役職、雇用形態

従業員が退職した場合

在籍状況が退職済みの従業員は、データの同期をすると、スキルマップで非表示になります。

1. 画面右上の[データを同期]を押す

スキル管理画面右上の[データを同期]を押すと、[従業員データの同期]画面が表示されます。

2. 従業員データの同期画面で、[実行]を押す

従業員データの同期画面で、[実行]を押すと、バックグラウンド処理でSmartHR基本機能からのデータの取得がはじまります。データの同期は、従業員数によっては時間がかかる場合があります。処理の進捗は、バックグラウンド処理画面で確認できます。

従業員データの同期が終了すると、SmartHR基本機能に登録している最新のデータがスキル管理に反映されます。