ヘルプセンター
background
各種サービス連携

SmartHRからの通知をチャットツールに連携する

対象:
労務管理プラン(旧スモールプラン)人事・労務エッセンシャルプラン(旧スタンダードプラン)プロフェッショナルプラン¥0プランHRストラテジープラン

SmartHRから通知をチャットツール上で受け取る方法を紹介します。

通知連携できるチャットツール

現在、SmartHRは以下のチャットツールと通知の連携ができます。

事前準備

SmartHR側の事前準備

チャットツールで通知を受け取るには、[通知設定]の各通知が[通知する]に設定されている必要があります。

通知の設定を確認・変更する

チャットツール側の事前準備

設定にあたって、チャットツール側からWebhook URLもしくはアクセストークンを取得する必要があります。

チャットツール側の管理者から必要な情報を入手した上で、設定してください。

連携方法

例として、Slackと連携する場合の手順を紹介します。

通知連携するSlackチャンネルは、Slack Apps側で設定します。チャンネルごとに、Incoming WebhookのURLが発行されます。

1. [外部システム連携]画面に移動

画面右上のアカウント名 >[共通設定]を押します。

画像を表示する

画面左下にある[外部システム連携]を押すと、[外部システム連携]画面が表示されます。

画像を表示する

[外部システム連携]画面の[API連携]にある[通知連携]を押すと、[通知連携]の一覧が表示されます。

画像を表示する

[通知連携を登録する]を押すと、[通知連携の登録]画面が表示されます。

画像を表示する

2.[サービス種別]で[Slack]を選択し、[登録する]を押す

[通知連携の登録]画面で[サービス種別]のドロップダウンリストから[Slack]を選択すると、連携に必要な情報の項目が表示されます。各項目の指定・登録を行ない、[登録する]を押します。

画像を表示する

通知連携の一覧画面が表示されるので、連携が登録されたことを確認します。

画像を表示する

3.テスト通知を送信する

[…]メニュー>[テスト通知を送信]を押して、テスト通知を送信します。問題がないことを確認したら、連携は完了です。

画像を表示する

通知が届かないときは?

通知が止まってしまった場合は、[通知連携]の編集画面で、[通知の無効化][通知を行わない]にチェックが入っていないか確認してください。

チェックを外しても通知が届かない場合は、下記を確認してください。

  • 正しいIncoming WebhookのURLが登録されているか
  • Webhookが有効かどうか
    • Slackの場合、Incoming Webhookを作成したユーザーがSlackメンバーから削除されると、Webhookは無効となります。