ヘルプセンター
background
配置シミュレーション

配置シミュレーションに基本機能のデータを同期する

対象読者:
管理者・担当者向け
対象プラン:
有料オプションタレントマネジメントHRストラテジー

配置シミュレーション機能で利用している部署・従業員データをSmartHR基本機能から取り込んで、最新の状態にする手順を説明します。

データの同期とは

配置プロジェクトで使用する部署・従業員データは、SmartHR基本機能に登録されている以下のデータです。

  • 部署マスター
  • 役職マスター
  • 従業員情報
    • システム標準項目の情報
    • カスタム項目の情報
  • 家族情報
  • 公開済みの給与明細
    • 給与情報

これらのデータは、SmartHR基本機能から配置シミュレーション機能に取り込む必要があります。 データを取り込んで、取得元と同じ状態にすることを「データを同期する」と言います。

SmartHR基本機能側でデータが更新された場合には、再度データを同期する必要があります。

配置プロジェクト作成後にデータを同期した場合

作成済みの配置プロジェクトでは、データを同期したときに更新される情報と更新されない情報があります

配置シミュレーション機能の操作対象である以下の情報は、データを同期しても更新されません。

  • 部署マスター
  • 従業員の所属部署

その他の情報は、データを同期すると最新の状態に更新されます。

操作手順

配置シミュレーション画面右上の[データを同期]を押すと、部署・従業員・給与情報の同期画面が表示されます。

[実行]を押すと、バックグラウンド処理でSmartHR基本機能からのデータの取得がはじまります。

この操作には時間がかかる場合があります。処理の進捗は[バックグラウンド処理]で確認できます。

データの同期が終了すると、SmartHR基本機能に登録されている最新のデータが配置シミュレーション機能に反映されます。