ヘルプセンター
background
マイナンバー

マイナンバーの本人確認書類とは

対象:
労務管理プラン(旧スモールプラン)人事・労務エッセンシャルプラン(旧スタンダードプラン)プロフェッショナルプラン¥0プランHRストラテジープラン

マイナンバーの確認にあたっては、マイナンバーと本人確認書類を突き合わせて、正しい番号であること(番号確認)本人が番号の正しい持ち主であること(身元確認)を確かめる必要があります。

マイナンバーの確認時に使う本人確認書類について説明します。

マイナンバー確認時に使う本人確認書類

マイナンバーカードがある場合

マイナンバーカード(個人番号カード)がある場合は、マイナンバーカード1枚で番号確認(裏面)と身元確認(表面)ができます。

画像を表示する

マイナンバーカードがない場合

マイナンバーカードがない場合は、住所、氏名などが住民票の記載と一致している通知カードか、マイナンバーが記載された住民票の写しを番号確認書類に使います。

住民票または通知カード+顔写真付き身分証明書1点

運転免許証などの顔写真付き身分証明書があれば、1点で身元を確認できます。

画像を表示する
顔写真付き身分証明書の例
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 旅券(パスポート)
  • 身体障害者手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

住民票 または 通知カード+顔写真なしの身分証明書2点

顔写真付きの身分証明書がない場合は、下記のいずれかの身分証明書 2点 で身元を確認します。

画像を表示する
顔写真なしの身分証明書の例
  • 公的医療保険の被保険者証
  • 年金手帳・基礎年金番号通知書
  • 学生証(顔写真なし)
  • 社員証 (顔写真なし)
  • 資格証明書(顔写真なし)
  • 国税・地方税・ 社会保険料・公共料金の領収書
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し
  • 源泉徴収票 など

なお、SmartHRで従業員に対するアカウント発行時に身元確認が済んでいる場合には、ログインに利用するIDとパスワードで身元確認とすることも可能です。 (番号法施行規則四二ニ)

本人確認書類に関する詳しい情報は、以下のページを参照してください。

よくある質問:民間事業者における取扱いについて|デジタル庁

番号法令、国税庁告示における主な本人確認書類等|国税庁