ヘルプセンター
background
How to use guide for employees
このページはまだ翻訳されていません。

【一覧】入社時に必要な書類

対象:
労務管理プラン(旧スモールプラン)人事・労務エッセンシャルプラン(旧スタンダードプラン)プロフェッショナルプラン¥0プランHRストラテジープラン

入社時に必要な書類の一例を紹介します。

以下の書類を入社日までに用意すると、スムーズに手続きできます。

1. 年金手帳・基礎年金番号通知書のコピー

自分で保管しているか、前職の会社が保管しています。前職が保管している場合は退職時に返却されます。

入社先の指示に従って、実物を持参するか、「基礎年金番号」の記載されたページをコピーしていきましょう。

年金手帳・基礎年金番号通知書の外観 (発行された年によって表紙が違います)

画像を表示する

サンプル画像は 日本年金機構 より

基礎年金番号は年金手帳(青色)の見開き1ページ目に記載されています

画像を表示する

青色以外の年金手帳をお持ちの場合は、「基礎年金番号通知書」など、基礎年金番号の記載された書類を持参しましょう。

また、年金手帳を紛失した場合は再発行できます。再発行の方法については以下のページを参照してください。

年金手帳の再交付を受けようとするとき|日本年金機構

2. 雇用保険被保険者証

自分で保管しているか、前職の会社が保管しています。前職が保管している場合は退職時に返却されます。

紛失した場合は再発行できます。「身分証明書」と「印鑑」を持参して、最寄りのハローワークで手続きを行ないます。ハローワークの場所は管轄のハローワークの場所を調べるを参照してください。

または、入社先に前職の社名を伝えると、再発行の手続きができる場合があります。入社先の指示に従ってください。

雇用保険被保険者証の外観

雇用保険被保険者証 2画像を表示する

3. 源泉徴収票

前職の会社から発行されます。退職してから発行まで1ヶ月前後かかることがあるので、提出が遅れる場合は入社先に伝えてください。

入社先での年末調整で使用するため、その時期までに提出しておくのが望ましいです。また、紛失した場合は前職の担当者に依頼してください。税務署や市役所等では発行できません。

必要となるのは、その年の「給与所得の源泉徴収票」です。去年のものや、「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」は提出不要です。

例: 令和4年に入社する場合

  • 「令和4年分 給与所得の源泉徴収票」 → 要提出
  • 「令和3年分 給与所得の源泉徴収票」 → 提出不要
  • 「令和4年分 退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」 → 提出不要
  • 「令和3年分 退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」 → 提出不要

源泉徴収票の外観

源泉徴収票白紙画像を表示する

4. 健康診断書

直近3ヶ月以内に健康診断を受診している場合、その結果を証明する書面を提出します。

5. 印鑑

印鑑を用意しましょう。認印で手続きできます。

確実に本人がサインしたことを証明するために、シャチハタではなく認印を押すようにしてください。